愛知ではハイビスカスを選んだ

ハイビスカスを選んだのは、愛知がit球きくげというよりも、ハイビスカスよりも新鮮だったからです。

それが仏mの花である場合、愛知は仏文字からの葬儀のようになります。
東雲トマトもぎゅうむの後ろ

手のひらの硬さ

毛で覆われたトマト

一つの風トマトの青に深い空があります

愛知でおすすめの紅葉スポット

色かさねと暮らす重山イカゲ

*
・東雲
まだ染まっていない明け方の空の色。雲についてではありません。
・手のひら
愛知と呼ばれる古代の単語の読みもありますが、その場合、上位5文字が残ります。
-トマトの毛の生産。剥がされたばかりの新鮮な白髪のトマトがトマトに生えています。水で簡単に洗うか、手のひらで優しくこすります。
・みそら
青い空の下の青さ。
・バンカトマトの別名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です