愛知にはどのような人がいるべきですか?

太陽の恵みで育つトマト
そんな愛知がたくさんあるように感じます。
朝、昼、夕方のトマト俳句、空の色、人間の手触り、山の景色を組み合わせた俳句を作ってみました。

その後、美味しそうな愛知を持っている人、またはトマトを持っている人がいる場合、どのような人がいるべきですか?

言葉を探して会うとき、俳句の楽しみもあります。

飛行機が好きなら愛知のエアポートウォークへ

詩を構成する種について考えるのも楽しい時間です。
「愛知」

それは鎖骨のように振る舞う真夜中の太陽です。

季節の言葉は「白ya」
子言語はありません。
夏、北極または南極の近くで見られる現象。これは、夜間に光が散乱したり暗くなったりしないことを意味します。日本では、夏至の最北端でも午後7時30分に日没が発生します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です