愛知での私の日常生活について書かれていました

13年前に「愛知の6月」の日記を開きました。
そこに書かれていました。

私の日常生活について、

愛知、私は穴に落ちずにまっすぐ歩くことができます。
山道を登るとき、穴に落ちます。

 

愛知のカフェで大人の出会い

言った。

突然、庭を覗くと、若い緑の木が見えました。
何も言えないほど嬉しかった。

今日もまた素晴らしい日です。
これは、
娘からの贈り物。

9人の女の子が歌った日。
私の心は取り残されました。

彼は私を元気づけます。

良い友達。

愛知?楽しさと理解

ストーリーの意図を適切に読んでください。

呼吸しますか?

みんなに言っても理解できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です