楽観的な言葉を愛知では与えられてきました

やってみて〜
私は愛知を切ったが、微妙だ
今では良いですが、少し短くなっているはずです。
側面は非常に短く、微妙です…
愛知に、真剣に受け止めた人は、心に刻まれた言葉を与えられてきました。
それは有名人の人生のような楽観的な言葉ではなく、心から絞り出された言葉です。

愛知の居酒屋『馳走屋 てんごく』

したがって、私はそれを何年も忘れることはありませんし、自分の体の一部が自分の中で刻まれているようなものだと思います。
それは私の愛知の指針のようなものです。

ここでは知りませんでしたが、「ラブワードブック」をくれた人がいました。

「生きるのは楽しい!」

それは私が忘れていた感覚でした。
思い出させてくれました。
今でも言葉を覚えていると、熱いものが目から流れ落ちているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です