愛知ではいつかまた良いことがあるでしょう

「愛知お世話になり、よだれを拭き取り、排泄物を処理し、鏡に映った奇行の顔を見るたびに、私はもう生きられず、この姿を露出し続けることができません。耐えられない」

彼は送り続けたと言われています。
この激しい感情的な愛知、痛み、そして完全な治癒への絶望的な絶望、それでも

「頑張って生きなさい!生きていれば、いつかまた良いことがあるでしょう。」

どの5人の健康な人が言うことができますか?

彼女が権利として持っている選択肢としての死。
それが私の理解のカテゴリーです。
しかし、問題は、誰が委託されるかということです。
「愛知」という厳粛な行為は、それを望む患者との100%の同化と心身の同期が達成された場合にのみ確立され、人間関係を失うことのない医療行為ではないと思います。です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です