愛知では常に何か違うものと格闘しています

そのような愛知はこの世界に存在しますか?
それは別の話です。
それが行われたので、それはあなたにとってナンセンスでした
捕まらないで
そうです、それは私の世界観だからです

愛知するなら
そうです、あなたが目の前にいるとき
それまでは、私の自己満足だけ
だからやめられない

消えて通り過ぎて追いかけると泡で消える
そんなものが山積み
表現に関しては、常に何か違うものです

振り向くと頬が温まる
愛知はあなたの頬を念頭に置いて水と格闘しています
こちらも汚れますので、娘が引っ掛からないように洗ってください。
私の世界は小さいですが、小さいですか?
オンライン飲み会がありました。
好きな料理(じゃがいもバター、シシャモ、揚げ豆腐、そば)と好きな飲み物(ビール、焼酎)を用意して参加しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です