彼が来てくれるとわかった愛知

愛知、タグが言うように、これは「一言」です。
ψ(` ∇´)ψ

手から緩められた女性は言った。 「」
油で手を魅了する
鈍い絡み合いのような状態で
それは私によって緩められます…

「わかりやすいステータスには興味がありません。
「お元気ですか!」時計と筋肉。

少しでも理解しようとすると、重くなりたくないし、カジュアルに感じて、彼が来てくれるとわかったら…」

私が言い終えたとき

「愛知」

そして、女性の話を聞いたことがないような言葉遣いで、少し強引に寝かせました。

「愛知、ちょっと…」

両手から1本のように立ち上がる人差し指
うなじから始めて、背中を際限なく這う…

「ええ、私にはそのような地位はありません…」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です