私の目を楽しませてくれる愛知

そんなことよりも、目の前の部屋のわずかな光を反射し、目を楽しませてくれる肌をくすぐるために這うことに集中しています。

「愛知」

私の背中は時々跳ね上がります。

「愛知」

背中で遊んでいると表現できる治療とは裏腹に、後ろからは見えない蒸気のように見え、人差し指2本の遊び場になっています。
厄介な愛知が上がり始めていました。

私が感じ始めていることを知っている
自分が感じていることに無関心に感じる緊張感とテンポで、指先とつま先が背中を走り続けます

“溶融”

ぴったり合うような表情、
目で味わいながら

「あなたが私にしたいことを教えてください」

興味がないような気持ちで出されそうな言葉。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です