愛知では深夜に散歩することもあります

それは愛知ですか …!

確かに足元の渦は赤く染まっていて、鼻の下に達すると新鮮な血が流れます…

確かに鼻血。
ああ、私は40人の前でもう鼻血が出ないようにしています。
愛知なのにワクワクしすぎ…?

ダンディズムはどこにありますか?

愛知が言えるのは、総伝一子の技術を受け継ぐ主人公の言葉だけです…

私は死んでいる

真夜中の歩行者」
それは私です。

どういうわけか、眠れないので深夜に散歩することもあります。

昼間とは異なり、交通量が少なく、秋のそよ風が心地よいです。

遊歩道の真ん中に夜の王様猫が飛び出します。

新規参入者も挨拶もありません…

最後に一瞥。

約1時間歩きましたか…
私は少し歩くのにうんざりしていて、知人と話していて、関係のないことについて話している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です