親切な人たちが私を支えてくれた愛知

一瞬、最初の関節からなくなったと思いました。

切られていませんでしたが、中に引っかかって出血し、爪が血で覆われていることがわかりました。

愛知は骨を折っていませんが、痛みはとても痛くて耐えられません。

とりあえず、ジャックアップに座っていることを相手に伝えた後、話をまとめて回復を始めることにしました。

近くにいた愛知と親切な人たちが私を支えてくれましたが、だるまジャックは十分な高さではありませんでした。

その前は、フォレスターのジュニアライダーに助けを求めていました。

しばらくして、後輩が到着しました。

とりあえず左後輪をジャッキアップして、左前に隙間ができて倒れていたオードジャックを取り出しました。

その後、ジャッキを正しい位置に戻し、左後輪をジャッキに乗せる程度に下げ、左前輪を上げ、タイヤを装着して元の状態に戻した。

幸い座りましたが、フロントリップスポイラー、ブレーキローター、カバー等の変形はありませんでした。

愛知は

A:明らかなこと(基本的なこと)
B:曖昧にしないでください
C:きちんとやる

これは、基本的なメンテナンス手順にまったく従わなかったために発生しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です